癖なし絶品深海魚!メヒカリの美味しい食べ方

美味しい魚介類

メヒカリと聞いてすぐに頭に思い浮かぶ方は結構さかな通ですね

特に福島や茨城、静岡、愛知、三重の方はなじみ深いかもしれません。魚屋をやっているとよくこの産地のメヒカリを目にします。理由は、漁獲量が多いからです。漁獲量が多いからと言って産地で多く消費されているとは限らないのですがね・・・

さて今回はメヒカリについてちょっと勉強していきたいと思います!

少し詳しくなるとより美味しい感じますよ~ではスタート!

メヒカリとは

こちらがメヒカリです。

メヒカリはアオメエソという魚の呼称で産地によって色々な名前で呼ばれています。マルアオメエソという魚もいてこちらも同じくメヒカリとして扱われます。

メヒカリは名前の通り目光という漢字が当てられます。目が光って見えることからそう呼ばれます。また脂がのっているのでトロぼっちと言う名も使われます。

メヒカリは所謂深海魚で水深200m以深に住んでおり、主に底曳網で漁獲されます。

福島県のプライドフィッシュとして県の魚としても有名です。

メヒカリって美味しいの?

メヒカリは小さい身体でも脂がのっています。これは深海魚特有の水圧に耐えるために身体に脂を蓄えているためです。これが近年の脂嗜好により重宝され消費も増えました。

生でトロッと、熱を入れるとフワッとした身質はクセがなく万人受けする味です。メヒカリが嫌いと言う方はあんまり聞いたことがないですね。ぜひいろんな方に味を知ってもらいたい魚です。

また小型で頭や内臓なども丸ごと食べられ、めんどくさい魚の処理や骨の処理がないのでとっつきやすい魚でもあります。そんな理由から現代社会にハマった魚の一つなのでしょう。

メヒカリの美味しい食べ方

メヒカリの選び方

メヒカリは最近だとスーパーでも見かけます。大型の鮮魚店にはだいたい置いてあるかと思います。また干物も結構見かけるので食べたい方は探してみてください。

値段は100gあたり100円〜200円くらいの間で販売されていることが多いです。産地や鮮度によって値段が変わってきます。鮮度がいいものは刺身にもなります。

※注意 刺身にする場合はアニサキスに注意してください。アニサキスは加熱または冷凍することで死滅します。

メヒカリは綺麗な個体で触って固さがあるものがおすすめです。大きいほうが値は高くなりますのでなるべく大きいものを選びましょう。日付がついている場合は新しいものを選んでください。

おすすめ調理法

メヒカリは刺身、塩焼き、唐揚げ、天ぷら、干物が一般的な食べ方です。

メヒカリ天ぷら

私のおすすめは塩焼きです!

メヒカリ塩焼き

いいメヒカリを買ってきたら塩を少し強めに振り5-10分ほど置いてグリル焼きます。周りはカリッとさせたほうが美味しいので火加減をうまく調整してください。(鱗は特に気にならないので取らなくてもいいですが気になる方は取ってください)

あとは丸ごとかじってください。

頭や内臓が苦手な方は焼いた後、食べる直前に取ることをおすすめします。

唐揚げもとても美味しいのでお勧めです!!

最後に

メヒカリまだ食べたことがない方はぜひお試しを!!美味しいですよ〜

こちらでも買えるみたいなので~


ただ脂が多いので食べ過ぎには注意してください!!お腹壊すかもしれないので〜

コメント