超美味しくて縁起の良いエビスダイとは

美味しい魚介類

魚界で一番縁起のいい名前をご存知でしょうか。

この魚は七福神の1人の名前をもらい、魚界で1番おめでたい魚の名前を掛け合わせた世界で1番縁起の良い魚です。

その名は【恵比寿鯛

恵比寿様といえば、七福神の1人(恵比寿様は実は日本人というのも有名)

鯛といえば、お食い初めなどお祝い事には欠かせない魚の王様

そんなスーパーありがたい名前をいただいたエビスダイを今回は少し深掘りしていこうと思います。

エビスダイとはどんな魚か。

こちらがエビスダイ。

真っ赤な身体に大きな目玉と口、ギラギラと輝く鱗。いかにも縁起の良さそうな見た目です。

エビスダイは何の仲間?

エビスダイは金目鯛の仲間で、キンメダイ目イットウダイ科に属します。

タイという名前が付きますか、ごまんといるあやかり鯛の中の一種になります。

エビスダイの特徴

エビスダイは鱗がとても硬いです。本当に硬く鋭いので鱗には要注意です。手を切ることもあるので細心の注意を払って取り扱いしてください。鱗取りでも相当に力を入れないと取れません。全て取る頃には体力は削られているでしょう。

私もエビスダイの鱗取りは苦手です。なぜなら疲れるからです。これに関しては力勝負なので最良の方法はありません。地味に取りましょう。

エビスダイの捌き方

エビスダイは特徴的な鱗でとても捌きにくいです。鱗を取るのがベストですが、大変な場合は鱗を引かずに鱗の隙間をに包丁を入れて捌くといいです。しかしこのやり方も決して簡単ではないので悪しからず。鱗が付いたまま捌けたら鱗ごと皮を引けばOKです。

エビスダイの味

エビスダイの鱗がめんどくさいのは上述しましたが、ただめんどくさいならあまり売れないでしょう。

しかしエビスダイは美味い。とても美味いのでやりががが生まれます。

上品な白身で身質はモチっとしています。身には甘みがあり、身持ちもいいので寝かせることもできます。

刺身にしても美味、熱を加えても美味しく召し上がることができます。

エビスダイの価格

エビスダイは高級魚です。入荷は稀でレア魚と言っても過言ではありません。

味がよく、めでたい魚で、レア魚。値段が高いのは容易に想像できます。

小売価格だとキロ3000円〜くらいでしょうか。

大体1kgくらいのサイズが出回ることが多いので安くて1尾3000円以上と考えていただくのがいいかと思います。

個人的には小売店ですと、1尾5000円くらいの物をよく目にします。

エビスダイはどこに売っているか?

さて、エビスダイはどこに売っているのか。

鮮魚専門店でも入荷が稀ですね。鮮魚に強いスーパーや小売店などに足蹴なく通って見つけるしかないですね。

あとはお店に連絡して入荷があり次第、個人的に連絡をいただくように信頼関係を作りましょう。

以下のサイトでエビスダイの入った鮮魚BOXが過去に合ったみたいなので問い合わせしてみるのもアリかもしれません。


コメント