ぷちぷち美味しい海ぶどうを育ててみた!!

海水魚 飼育

海ぶどうってそもそも何?

  • 海ぶどうは沖縄などの暖かく綺麗な海に住むクビレズタという海藻の俗称である。
  • 普段食べる海ぶどうは基本的に養殖物で、産地によってブランド化されている。
  • 海ぶどうは暖かい地方のものなので、出回るのは夏。
  • 春などは気温変動があるため、出荷の際にホッカイロと一緒に出される。
  • 寒いとしぼみ、ドリップが出る。
  • 海ぶどうはプチプチの海を食べているようだ。(個人的見解)

海ぶどうって育てられるの?

結論から言うと、簡単に飼育できる。

今回はすでに海水魚を飼育していて、

そこにさらに

リフジウム水槽として海藻飼育の恩恵を得たい方用と考えていただきたい。

必要なものは、

  • しぼんでない張りのある青々とした海ぶどう(魚屋さんへ行って日付が新しいものを購入)
  • 温度管理されたきれいな海水魚水槽
  • 海水用の小さいライト(なんでもいいです)
  • サテライト(スドー)
  • エアーポンプ(水心SSPP-3S)
  • ライト
  • エアーホース

スドーのサテライトは本当に便利で、

魚の隔離、海藻飼育など

いろいろな使い方ができる優れものだ。

大きいものが設置できるのであれば大きいものに越したことはない。(大は小を兼ねる


エアーポンプは水心の3Sがおすすめである。

なぜなら、流量調節ができるからだ。

あとは色々なポンプを使ったが、音が静かで素晴らしい。まさに水の心。(意味不明)


あとは接続していくだけだ。

こんな感じになると思われる↓↓↓

あとはライトを長時間付けて、(私は夜中は消しています)

成長するのを待つ。

リンや硝酸塩などの栄養が少なからずあると成長が早いようです。

そして成長しているということは何かしら吸着して育っているということ。

海水魚だと栄養塩が邪魔者になるのでそれを吸着してくれたらありがたいですよね!!

テスターなどを使って測ってみると面白い結果が出そうですね♪

下は私が1~2週間育てた海ぶどうです。

before                   after

右上の茎の部分が大きくなっているのが見てとれます!!

海ぶどうは茎がどんどん伸びて、茎から白い新芽が出て

どんどんどんどん大きくなっていきます。

大きくなりすぎて、サテライトがパンパンになってきたら

トリミングしてあげてください。

トリミングして一緒に吸着した栄養塩をおさらばです!!

あと定期的にトリミングしてあげないと、流れが悪くなり、

海ぶどうも腐りやすくなったり、光の当たらない部分が出てきますので。

トリミングお忘れなく!!

海ぶどうをたべる草食性のハギなんかを入れたら

水槽内食物連鎖が回って尚良いですね^^

ヨコエビも発生するので、生き餌確保にも◎

海ぶどうは、比較的丈夫な海藻なので、

良質な海ぶどうが手に入ったらぜひチャレンジしてみてください!!

意外と簡単でよく成長するので見ていて楽しいですよ!!

サテライト内に良性の微生物も発生しやすくなりますし、良い事ずくめです!!!

コメント