シータイガーとブラックタイガーの違いとは

美味しい魚介類

日本人が大好きな海老

刺身で食べたり、焼いて食べたり、色々な調理法で楽しめて美味しい海老ですが

色んな種類の海老がいますよね。

今回はシータイガーブラックタイガーについてお教えいたします。

ブラックタイガーとは

ブラックタイガーは東南アジアなどで養殖された和名ウシエビの通称です。

名前の由来は名前のとおり黒いトラ模様から付いていますね。

歯ごたえのあるぶりぶりといた身質が特徴で、旨みも強いです。

主に海外から冷凍で輸入されます。

刺身では食べることがないですが炒め物やフライに向いている海老の一つです。

シータイガーとは

シータイガーはブラックタイガーと同じ種類の海老です。

そうです。

全く同じ生物です!

なぜ名前が違うかと言うと、

海で漁獲された天然のブラックタイガーを主にこのような通称で呼びます。

養殖のブラックタイガーに比べ日焼けが少ないので黒くなりにくいのと、

広大な海で育つため大きくなって価値が高くなってから漁獲されることが多いので

ブラックタイガーより大きい状態で見ることが多いですね。

また、冷凍せずにチルドで輸入されることもあります。


結果的にどっちがいいの?

どっちがいいということはありませんが、

使用用途によって使い分けるのが良いかと思います。

養殖された海老は、養殖池の塩分濃度が高いほうが一般的に美味しいとされています。

つまり海水>汽水>淡水という順で美味しさの度合いが変わってきます。

シータイガーは海で獲られるので美味しいですし、大きいので食べ応えがあります。

しかし値段が安価ではありません。

ブラックタイガーも塩分濃度の高いところで獲られたものは美味しいです。

またシータイガーに比べ安価です。

それよりも安価なものにはバナメイエビというエビもあります。

使い勝手を考えて、エビを購入するのが良いでしょう。

海水で養殖されたかは、普段スーパーのエビのパッケージには書かれていないことが多いですが

シールが張られていたり、店員さんに聞くことで判断できます。

店員さんに聞いてわからない場合は、あまりエビには力を入れていないと判断しましょう。

魚介類は信頼のおける魚屋さんで買うのが一番です。

わからないことは、店員さんに聞くのが一番手っ取り早いので

そこは頭に入れて置いてください。

コメント